30代男性におすすめのカジュアルな革靴

革靴 カジュアル メンズ titlo classic
30代のあなたのプライベートタイムにおすすめなのは、titlo classicのホールカットメダリオン

グッドイヤーウェルト製法、牛一枚革、革底というスペックを持ちながらも、3万円代半ばという価格設定が嬉しいですね。
インポートブランドの革靴だと、とても何足も揃えられないような価格設定のものも少なくないので、この価格はちょっとの贅沢として、自分へのプレゼントとして買ってみるのはいかがでしょうか。

titlo classic各アイテムは有名ブランドの製造を行っている工場で作らているので、品質は確かです。
30代になったら、普段からさりげないオシャレを愉しみたい。
休日のランチや映画、誰と行くわけでなくとも普段使いに、カジュアルに履きこなせる”満足できるオトコの革靴”を手に入れたいですね。

そんなアナタの心を満足させるのが、titlo classic。
中でも、このモデルは貴重な一枚革を使用しているので、靴に詳しくない人でも高そう、良いものであるとわかるハズ。
バーガンディー(BURGUNDY)という少し聞き慣れないカラーですが、つま先からのグラデーションが美しく、長く履くことで育てる愉しみがある一足です。
やはり、プライベートの普段使いには、ブラックや茶などの定番カラーではなく、少し変わった色をチョイスして、さりげなくデキるオトコを演出したいものです。
普段からオシャレを意識していると、思わぬ出逢いがあった時にも困りません。
どこに運命の出逢いがわからない、30代のアナタにはぜひ一味違う一足をオススメしたいです。

>> Titlo Classic ホールカットメダリオン

人気の記事
antonio rufo(アントニオ ルフォ)は、革の本場イタリアの靴の魅力が十分に感じられる逸品を取り扱っています。 Conceptは、『イタリアの靴入門』。 ...
danielelepori ダニエルレポリ
DANIELE LEPORI(ダニエルレポリ)は、イタリアのフィレンツェ郊外のメーカーです。 イタリア本土で作られたカジュアルなメンズシューズを探しているアナタに、ロー...
ティートロ クラシック titlo lcassic
Titlo Classic(ティートロ クラシック)のラインナップは、ほぼ3万円台半ばとなっており、ラバーでできた靴底のものに比べ高級感があり、本格的な革底を採用していま...