この革靴はマストバイ!3足選ぶならこのタイプ

メンズ革靴を選ぶなら、この3足がおすすめです。

その1 内羽根の黒のストレートチップ

革靴というと、おそらくこの形を最初に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
どんな洋服にも似合う、シンプルなストレートチップ。
それも黒であれば、ビジネスにぴったりです。
一足持っていて損することはない、まさにマストバイな一足です。
結婚式や就活でお世話になったという方も多い、このタイプの革靴はシンプルがゆえに素材にこだわりたいところ。
確かな品質の革を使った革靴を手に入れたいですね。

ストレートチップ

内羽根、外羽根の表記がないので近いものを選択しています。

その2 黒か茶のプレーントゥ

プレーントゥ、こちらもシンプルな革靴として知られています。
特別飾りがない、スッキリとしたデザインはオンとオフ関係なく、溶け込む一足です。
スーツ用の靴として、ストレートチップとプレーントゥは鉄板中のテッパンですね。
日頃のケアをしっかりとして、型崩れ、傷などが目立たないようにしたいところです。
そのため、クリームは黒と茶の両方を用意し、シューキーパーなどを揃えておくと長く履くことができるでしょう。

プレーントゥ

その3 ウィングチップ(メダリオンあり)

メダリオンという言葉は、あまり馴染みがないかもしれませんが、この靴のように細かな数種の穴の組み合わせでドレッシーに見せる加工のことです。
職場によっては、好ましくないということでビジネス用としては敬遠しがちですが、カジュアル用途であればメダリオンありのウィングチップはオシャレitemとしてマストバイですね。

メダリオンあり
メダリオン

メダリオンなし
メダリオンなし

さて、メンズ革靴のおすすめベスト・バイをご紹介させていただきました。

仕事でもプライベートでも、カジュアルでも履ける革靴を揃えるには、最低3足は必要ということになります。

ビジネスシューズだけでもいけないし、カジュアルだけでもイザというときに不便です。

出番は少なくても、あると助かる一足をぜひ手に入れましょう。