フランスのメンズ革靴ブランド6選 – オリジナリティ溢れるデザイン力

By Vector Open Stock

フランスブランドのメンズ革靴について、ご紹介します。
革というと、イタリアとイメージしがちですが、フランスにも多くのメンズ革靴ブランドがひしめいています。

レペット

レペット(repetto PARIS)は、ダンスシューズのデザインからはじまったブランドです。
そのルーツは、1947にまで遡り、パリにあるオペラ座の近くから始まりました。
2000年には、イッセイ・ミヤケとのコラボレーションを行うなど、多方面で積極的な展開をしてきました。
創立60周年には、財団を設立するなど社会貢献などにも取り組んでいるブランドです。
ラインナップには、ダンスシューズ、レディス、メンズ、キッズなど幅広く取り揃えています。
そのデザインには、どこかバレエシューズのエッセンスが感じられます。

スクリーンショット 2015-05-19 20.07.57

ベルルッティ

創業120年のベルルッティは、東京や大阪にリアル店舗を構えます。
パティーヌという独自の技術により、染色された革を使っています。
スーリエという短靴は、一枚革でつくられていますが、その維持管理には若干の注意点があります。
メンテナンス、靴を休ませるということを意識することで、いつまでも最高の状態をキープすることができるのです。
ベルルッティのラインナップには、コートやブルゾン、ジャケットやブレザー、バッグにベルトといった革製品も揃えられています。
お気に入りのブランドで、全身を揃えることもできるのは嬉しいところです。

photo01

パラブーツ

革靴という言葉のイメージとは、少し異色なルーツを持つパラブーツ。
1908年にフランスで創業し、ラバーソールを採用するなどの特徴を持っています。
コレクションは、どこか登山靴のエッセンスも感じられ、やわらかな印象すら感じさせます。
パラブーツの革靴は。現在もフランスで製造されており、完成までの工程は150にまでのぼります。
モデルによって革を選び、ベルベットやヌバックやコードバンといった革を使い分け作られています。
Casual chic、Detente、Sportwearといったラインを展開し、日本では東京青山に実店舗を構えています。

paraboots-model1

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON(ジェイムウエストン)の歴史は、1891年から始まりました。
フランス、リモージュ地方で創始者のエドゥアール・ブランシャールがスタートしたこのブランドは、1922年パリに店舗をオープンさせます。
ジェイエムウエストンは、ローファーやハントダビー、ゴルフ、チェルシーブーツなど時代に左右されない靴を販売しています。
また、職人の技術の継承を目的とした財団を、120周年の節目に設立しています。

080503_ll

その他ブランド

これらのフランスブランド以外にも、フランスブランド6選に数えられるのがコルテやオーベルシーです。

イタリア靴とも、国産ブランド革靴ともどこか違う。

そんなフランスブランドの革靴の魅力を堪能してください。